FC2ブログ

画面から飛び出す立体テレビ「3D放送」の迫力度

ここでは、「画面から飛び出す立体テレビ「3D放送」の迫力度」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒュンダイが販売を予定している46型テレビ。価格などは未定だがビックカメラの店舗で実際に見ることができる

 小さい頃、子供向け雑誌で「飛び出すマンガ」というのを読んだことがある。付録の赤と青のセロハンが貼ってあるメガネをかけて、専用ページを見ると、その絵が飛び出して見えるというものだ。

 それからウン十年、技術は進化した。なんと、「飛び出すマンガ」が「飛び出すテレビ」になったのだ!

 この放送を始めたのが、2007年12月1日に開局したBSデジタル放送局「BS11(イレブン)デジタル」だ。12月2日より試験放送「3D立体革命」を開始。本放送は2008年4月からの予定となっている。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億

 この3D放送を視聴するためには、3D放送に対応した地上デジタル対応テレビ、そして専用のメガネが必要となる。

 さて、ここで問題となるのが、3D放送を視聴するためのテレビだ。韓国メーカー、ヒュンダイが46型立体液晶テレビを発表。2月下旬の日本発売を前に、予約を開始している。ヒュンダイによると、2008年中には32型や37型といったサイズのテレビも販売していく予定だ。

 この3D放送を実際に見たいという人もいるだろう。現在は家電量販店のビックカメラにデモブースが設けられており、そこで視聴することができる。デモブースが設置されているのは池袋本店、有楽町店本館、新宿西口店、立川店となっている。

 実際に店頭に行ってみると、「3D立体革命」のダイジェスト版が流れている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


◆サラリーマン関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bijibag.blog42.fc2.com/tb.php/434-a3db5dc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。