FC2ブログ

確定申告あすスタート バリアフリー改修、控除

ここでは、「確定申告あすスタート バリアフリー改修、控除」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 平成19年分の確定申告の相談・受け付けが18日に始まる。昨年までとの違いは、住宅をバリアフリー化するための改修工事を行い、住宅ローンを利用した場合に税額控除を受けられるようになった点などがあげられる。具体的なケースで、納税額がどの程度変わるのかをみてみた。

 50歳のサラリーマンAさんは、老後の暮らしのために昨年6月に150万円をかけて、「バリアフリー改修」に含まれる浴室の改良工事をした。そのうち100万円を住宅ローンで借り入れ、年末のローン残高は92万円だった。初年度はその2%に当たる1万8400円が所得税額から差し引かれる計算になる。期間は5年間。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億毎年末の残高が基準になるため、控除額は徐々に小さくなる。

 バリアフリー改修工事はこのほか、屋内の段差解消や廊下の拡張、便所の改良など。50歳以上、要介護者または障害者と同居している人などのうち、19年4月以後に住宅ローンを利用して30万円以上の工事を自宅にした場合が対象だ。

 また、バリアフリー工事は、住宅ローン特別控除の対象となる増改築にも追加された。この場合は100万円以上の工事が対象。いずれが有利かは住宅ローンの組み方などによるため、個々の状況に応じて選択する。

 特定公益増進法人や認定NPO法人、政党などに対する「特定寄付金」についても、控除の限度額が引き上げられた。所得額の4割または寄付金のいずれか少ない金額から5000円を引いた額が所得から控除される...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆サラリーマン関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bijibag.blog42.fc2.com/tb.php/412-cba965d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。