WSJ-マイクロソフトによるヤフー買収提案、中国企業へも影響及ぼす

ここでは、「WSJ-マイクロソフトによるヤフー買収提案、中国企業へも影響及ぼす」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京(ウォール・ストリート・ジャーナル)米ヤフー(Nasdaq:YHOO)が一部株式を保有する中国のインターネット企業、阿里巴巴集団(アリババ・グループ)は、ヤフーが米マイクロソフト(Nasdaq:MSFT)に買収された場合でも経営の独立性拡大が図れることを目指し、交渉を有利にすすめるために顧問を起用した。事情に詳しい関係筋が明らかにした。マイクロソフトは1月31日にヤフーに対して買収提案を提示し、同社の評価額を446億ドル、1株当たり31ドルとした。ヤフーの取締役会は先週この提案を拒絶したが、株主やアナリストの多くはまだ、マイクロソフトの最終的な勝利を確信している。中国の規制当局は、マイクロソフトによるヤフー買収が阿里巴巴集団に与える影響について情報を求めるべくすでに同社に連絡を取っていると事情に精通する筋が明かした。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億中国政府は「非常に綿密にこの取引を調査する意向」だという。創立者の馬雲(ジャック・マー)氏率いる阿里巴巴集団では、株式39%を保有するヤフーが筆頭株主となっているが、それでも中国企業は、ヤフーの中国事業のほか複数のウェブ事業の運営を担当し、事実上の支配権を保持し続けている。政府がインターネットのコンテンツを検閲し、海外インターネット企業を疑いの目で見ている中国では、国を代表する大企業とされる阿里巴巴集団が支配権を維持することは重要である。同社幹部は、同買収が自社の独立を危うくすることを恐れている。阿里巴巴集団幹部は、マイクロソフトがヤフー買収に成功すると確信しており、同取引に関連する問題を精査すべく、弁護士および財務顧問をそれぞれ複数起用した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆経営関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bijibag.blog42.fc2.com/tb.php/409-1cd1a616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
米ヤフー に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…
2008/02/18(月) | 話題のキーワードでブログサーチ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。