産業交流:企業や研究機関が交流 ビジネスアリーナで自社製品、技術をPR /埼玉

ここでは、「産業交流:企業や研究機関が交流 ビジネスアリーナで自社製品、技術をPR /埼玉」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080216-00000109-mailo-l11
 ◇ビジネスアリーナで大規模な展示商談会
 ビジネスチャンスの拡大を狙う企業や研究機関などが集まる産業交流が盛んだ。県中小企業振興公社や金融機関などが14、15日、さいたまスーパーアリーナで県内最大規模の展示商談会「彩の国ビジネスアリーナ2008」を開催。県も14日、企業を集めた「ビジネス懇談会」を開いた。企業同士のマッチングを進めて県経済を活性化したい考えだ。
 今年で5回目となるビジネスアリーナでは、企業や大学など計387団体が469ブースを設けて自社製品や技術をPR。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億2日間で企業や行政関係者ら約1万2050人が訪れ、新たなビジネスパートナーを求めて積極的に名刺交換していた。工業用樹脂製造「東立製作所」(朝霞市)の松川ヨシ子社長は「毎年出展して何社か取引先が増えています」とホクホク顔。
 さいたま市内のホテルであった懇談会も盛況で、企業経営者や経済団体役員ら292人が互いに情報交換していた。県が誘致した大型案件の一つ、事務機器製造「キヤノンファインテック」(三郷市)の相馬郁夫社長は「埼玉の魅力は東京への近さ。こういうチャンスでお付き合いが広がればありがたい」と話した。【和田憲二】

2月16日朝刊

◆ビジネス関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bijibag.blog42.fc2.com/tb.php/399-4162c323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。