ネット上でデータを管理する「Webサービス」増加の背景は?

ここでは、「ネット上でデータを管理する「Webサービス」増加の背景は?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080214-00000020-rec_r-sci
プライベート用でYahoo!メールやGmailなど、Web上で編集や送受信ができる「Webメール」を利用されている方も多いのでは? これならどこでも、どの端末からでも、ネットにつながってさえいればメールがチェックできますもんね。

Webメール自体は特に目新しいサービスではないのですが、近頃Webメールと同じく、ネット上にデータを保管しておいて、好きな場所からアクセスして利用するWebサービスが増えているとか。どんなものがあるんでしょう?

「最近では、ネット上でWordやExcel風のオフィス文書が編集・保存できる『Googleドキュメント』や、ネット上にアップした予定を仲間や家族で共有できる『Yahoo!カレンダー』『Googleカレンダー』などのWebスケジューラーに、『Flickr』『Picasa』などデジカメ写真をアップできる写真共有サービスなどがありますね。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億また2.5GBもある『Gmail』の保存領域をメールだけではなく、PCデータの保管場所として利用するフリーソフトまでありますよ」とお話しいただいたのは、Webサービスに詳しいITライターの阿久津良和さん。

社内規定にもよりますが、残った仕事をUSBメモリなどで持ち帰って自宅で作業、なんてことがあるかもしれませんが、例えば「Googleドキュメント」で編集・保存すれば、常に最新状態のファイルを用意しておくことができます。出先で急に必要になっても、ネットにアクセスすればいいから安心。それにしても、これほどWebサービスが増えたなぜ?

「通信インフラの充実は欠かせない背景ですが、同時にサーバ側のソフトウェアの進化も見逃せません...

ニュースの続きを読む


◆ビジネス関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bijibag.blog42.fc2.com/tb.php/395-994a9cca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。