[CNET Japan] エリクソンCEO:「モバイルブロードバンドは世界を救う」

ここでは、「[CNET Japan] エリクソンCEO:「モバイルブロードバンドは世界を救う」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Ericssonの社長兼最高経営責任者(CEO)であるCarl-Henric Svanberg氏は2007年をモバイルブロードバンドにとっての大躍進の年と呼んだ。 Svanberg氏はバルセロナで開催されているモバイル展示会「Mobile World Congress」の初日に、ブロードバンドは多くの意味で社会に利益をもたらしたが、とりわけ移動距離を短縮し、二酸化炭素排出量を減少させる機会を開いたことが大きいと述べた。 「正常に機能する社会を実現させたいと心から思うなら、通信を活用して移動距離を短縮し、この惑星が長期的な視点から見て機能するように配慮することが重要なのだ」(Svanberg氏) また、Ericssonは2008年に3G/HSPAネットワークをアフリカ、インド、ラテンアメリカ、中東、ロシアで展開する予定だとも述べた。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億 「ヨーロッパの3Gネットワークの動向を見ていると、現在ではデータトラフィックが音声を上回っており、通信事業者の戦略にもよるが50~1500%の範囲で急激に加速化している」(Svanberg氏) EricssonはTelstraと提携して、オーストラリア全土に高速ワイヤレスブロードバンドネットワークを展開しており、HSPAサービスは人口の99%をカバーしている。 TelstraのCEOであるSol Trujillo氏は、ネットワークによって消費者と企業ユーザーのライフスタイルが変わったと述べた。そして、HSPA経由で検診データを送信できる乳ガン検診車の例を挙げた。つまり女性は検診のために病院まで足を運ぶ必要がないのである...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


◆経営関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bijibag.blog42.fc2.com/tb.php/376-423f0c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。