飲酒で豹変する人格~元時津風親方の逮捕より

ここでは、「飲酒で豹変する人格~元時津風親方の逮捕より」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の元時津風親方の逮捕で図らずも表沙汰になった飲酒癖。

ここにきて関係者からのやっとというか次々に元親方の酒による悪癖が明かされている。普段は温厚な人柄だということだが、一端酒が入ると暴力的な性格に豹変するという。

サラリーマンの世界でも仕事中に飲酒することは常識で考えても皆無である。昼食に酒を飲んで上司が部下を、教師が生徒を、殴ったなどという話は聞いたことがない。相撲の世界は伝統社会で受け継がれてきたことなのかもしれないが、テレビのニューなどでもチャンコを囲む映像にビールが映されている事がよくある。

10代の子供を力士としても社会人としても一人前に育てるべき親方がこのような飲酒癖を持っていることに部屋の関係者や他の親方衆、そして女将さんは何か手を打つことは出来なかったのか。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億常習性の飲酒は依存症という病気である、そして飲酒により暴力を振るう事が日常茶飯事となればそれはもう上に立つ立場ではないはずである。

・・・にもかかわらず放置していた関係者にも相撲理事会にも責任の一端はあると考える。



■前時津風親方関連記事
とかげのしっぽ切り?前時津風親方逮捕・その影響
力士急死問題で思う 角界の終焉か!
2007年は“不律”の年か?
大相撲が国技であるために‐‐失われた双葉山の心
スポーツにおける鍛錬とは? 力士急死で考える



(記者:びぶりっち)

■関連記事
びぶりっち記者の書いた他の記事
「社会・社会問題」カテゴリー関連記事
(引用 yahooニュース)


◆サラリーマン関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bijibag.blog42.fc2.com/tb.php/366-98b1858a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。